特別講座のご案内

   

実務補習をスムーズに進める報告書作成対策特別講座

                                   MMC受講生限定

 「実務補修は徹夜の連続であった…」「実習の期間は実にハードだった…」「体力勝負だった…」「診断の方針・進め方が思うようにいかなかった…」。実務補修を終えた受験生からそんな話を良く聞きます。なぜそんなに大変だったのでしょうか。それは、診断実務のポイントをよく理解していなかったからです。 MMCの実務補習対策特別講座では、実践から得た診断の技術を分かりやすく解説し、実務補習がスムーズに進むための、考え方から具体的な診断の方法までを学習していきます。

 

日時・会場等--------------------------------------

 ■日 に ち :平成30年1月21日(日)

 ■時   間 :10:00〜16:00(予定)

 ■会   場 :中央大学駿河台記念館

 ■受 講 料 :8,400円

 ※本講座は2016年度および2017年度のMMC受講生限定となります(定員20名程度)。

 

  

講座内容--------------------------------------

 【(1)実務補習にあたっての留意点(講義)】

 @実務補習の概要と診断の手順

  (外部資料収集のポイント、ヒアリングのポイント)

 A説得性・一貫性のある診断報告書の作成方法

 B2次試験で学習した内容の応用・活用方法

 【(2)診断実務演習】

 当日は、グループ毎に簡易診断書を作成いただきます。

 企業の調査結果(外部環境情報、内部環境情報)とヒアリング(模擬)で得られた情報などを基に、

 問題点・課題・改善策をグループ毎に検討し発表いただきます。

参加ご希望の方は、以下の『実務補習対策特別講座/申込みフォーム』よりお申込みください。

お申し込み後は、筆記用具を持参し、直接、会場にお越しください。

   

                 

 (定員となり次第申込みを締切いたします。定員に達した場合は、本ページでお知らせいたします)